最終更新:2017/08/23(水)
2017.8.23
タイの第2の空港であるドンムアン空港の評判が悪いです。LCC専用空港になっていますが、中国人観光客の殺到などにより税関の処理能力を大幅に超えてしまってます。15日には夜中から明け方にかけてなんと5時間待ちになりました。来月から人員を増やすそうですが、早急な対策が必要です。


2017.7.211
JAL増便。日本航空は10月29日からバンコク〜羽田線を増便すると発表した。新しい便にはJAL
SKY SUITEが投入される予定。

2017.5.18
今年は新しい休みの発表がありました。
7月28日(金) 新国王誕生日
10月13日(金)前国王の崩御
また12月5日の前国王の誕生日が平常日になりました。


2017.4.5
今年のソンクラン休みは4月13日〜17日です。

2016.10.14 タイの国王崩御
タイ国民のみならず外国人にも敬愛されたタイのプミポン国王が崩御されました。謹んでお悔やみを申し上げます。

2016.7.18
最近の円高は観光客にとって朗報ですが、タイの株式も堅調です。タイはアメリカの影響を受けやすくアメリカ景気の後押しを受けて7月には今年最高値を記録しました。アナリストは今後1年間は好調が持続するだろうと予測しています。

5/10 2016
日本の観光局は訪日タイ人が依然として高い伸び率を示していると発表した。1月が前年比36.5%増の61000人であった。これはLCCが普及し安く行けるようになったことや政府の補助金がつくようになったことが寄与している。なお個人旅行が増える傾向にある。

3/31 2016
弊社のソンクランの休みは4月13,14,15日です。

2016.3.21
訪日タイ人が増え続けている。JNTOの統計では1月の訪日タイ人は前年比36.5%と高い伸び率を示した。チャーター便やLCCの普及で安く行けるようになったこと、また日本行きのインセンティブツアーに政府の補助がつくなど国からの後押しもされている。

3/12.2015
最近旧空港であるドンムアン空港が拡張工事を急ピッチで進められている。現在エアアジアの拠点になっているが、ピーチエアなどのLCCも乗り出す予定だ。将来は羽田空港のようになるのだろうか?

8/4
8月11日、12日はタイの休日のため休業します。

6/1 軍事クーデター
先週軍事クーデターが発表されました。これは軍が収まらない政治的対立の仲介役として実権を握ったようなものなので概ね国民からは支持されています。しかしながらこれに反対するタクシン派がデモを計画し、まだ予断を許しません。

5/21 戒厳令下の街の状況
先日戒厳令が発令されましたが、街はいたって平穏です。今回の戒厳令はこれ以上騒ぎが大きくならないような予防的措置なので混乱は今のところありません。



4月14日(月)〜16日(水)までタイのソンクラン休暇のためお休みします。

3/3 バリケード解除
2か月近く続いた道路封鎖がようやく解除されました。ただシーロムのルンピニ公園を拠点とした封鎖はまだ続ける予定で、日本大使館からはそこでは爆弾などの危険性があるので絶対に近づかないように注意を促している。

12/6
今年から在留管理制度が変わりました。
成田、羽田、中部、関西空港から入国する中長期滞在者は、その場で在留カードが発行されます。発行のための専用レーンが設けられます。その他の空港は、市町村の居住区に居住届を出したのちに発行になります。

9/2
タイ国際航空が仙台便を新設。
TGの愛称で知られるタイ国際航空が12月から仙台便を新設することを決定した。週3便でエアバスA330を使用。両都市を6時間45分で結び、エコノミークラスで35000円(サーチャージ別)。